東京都江東区の行政書士事務所です。

プライバシーポリシー事務所概要

コロナ対策 資金繰り支援について(令和2年4月21日時点)

03-6802-9265 お問合せ(24H受付)

受付時間:9:00~18:00 定休日:土日祝・年末年始

News & Information新着情報

コロナ対策 資金繰り支援について(令和2年4月21日時点)

2020/04/21

Youtubeの経済産業省公式チャンネルに「持続化給付金」についての動画がアップされております。
内容はパンフレットと同じですが、動画なので若干分かりやすくなっているかと思います。
昨日20日臨時閣議で、1人あたり一律10万円の給付を盛り込んで組み替えた2020年度補正予算案が
決定されました。
補正予算の成立後1週間程度で申請受付を開始する予定だそうです。
また電子申請の場合、申請後2週間程度で給付されるそうです。
具体的な申請開始の日時、申請期間などについては決定され次第、中小企業庁HPで公表される
とのことですので、下記リンクをこまめにチェックしましょう。

・経済産業省 Youtube公式チャンネル「持続化給付金に関するお知らせ」
https://www.youtube.com/watch?v=r2h035U4lcI

・経済産業省 「持続化給付金に関するお知らせ」パンフレット
https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/kyufukin.pdf

・経済産業省 新型コロナウイルス感染症関連パンフレット
https://wwhttps://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/pamphlet.pdf

・中小企業庁ホームページ
https://www.chusho.meti.go.jp/

さて、現在当事務所では、複数の事業者様から、コロナ関連の融資支援のご相談・ご依頼を受けていますが、
正直なところ、融資がかなり難しいケースも散見されます。
コロナの影響を受ける以前から経営状態に問題があった場合、例えば「何年にもわたり赤字が続いている」
「すでにリスケしている」「債務超過に陥っている」などの場合は、根本的なビジネスモデルに問題があったり、
その業界に構造的な問題があったりすることが少なくありません。
これらのケースが全て融資を受けられないというわけではありませんが、しっかりとした事業(再生)計画書を
携えて金融機関の面談に臨む必要があります。
(実際リスケしてい事業者様が、融資を受けられたという事例も確認されています)
コロナの影響で売上が下がったからと言って、簡単に融資を受けられる事業者様ばかりではないということは
ご理解ください。

お困りのごとやご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

行政書士 登丸賢一事務所 代表 登丸賢一

お問合せ先

お気軽にお問合せください

03-6802-9265

受付時間:9:00~18:00
定休日:土日祝・年末年始

お問合せ(24H受付)

News & Information

2020/04/22

コロナ対策 資金繰り支援について(令和2年4月22日時点)

東京都が、コロナウイルス「感染拡大防止協力金」の申請受付を今日から開始します。 (申請受付期間は、令和2年4月 …

Business Outline

行政書士登丸賢一事務所

〒136-0071
東京都江東区亀戸4-17-14

電話:03-6802-9265
FAX:03-6802-9275

東京都江東区の行政書士、行政書士登丸賢一事務所です。

迅速・丁寧・確実をモットーに、身近な法律家として頼れる行政書士事務所です。
関東を中心に、建設業許可,旅行業許可を始め各種許認可の申請および遺産分割協議書の作成や遺言書原案の作成を専門としております。又経理財務への精通から、事業者様の創業及び事業拡大のための資金調達支援業務も行っております。
お客様に本来のお仕事に専念していただくために、ひいてはお客様の事業の更なる発展のために、ご面倒な書類の作成や申請はまるごとお任せいただけるサポートを行なっております。

ご相談・ご依頼・お問合せ先

お気軽にお問合せください

03-6802-9265 お問合せ(24H受付)

受付時間:9:00~18:00 定休日:土日祝・年末年始